女が作る映画誌 ー 女性映画・監督の紹介とアジア映画の情報がいっぱい
 (1987年8月、創刊号 巻頭文より) 夢みる頃をすぎても、まだ映画を卒業できない私たち。
 卒業どころか、30代、40代になっても映画に心が踊ります。だから言いたいことの言える本まで作ってしまいました。
 普通の女たちの声がたくさん。これからも地道な活動を続けていきたいと思っています。どうぞよろしく。
スタッフ日記 >> http://cinemajournal.seesaa.net/

2013年1月よりスタッフ日記をブログ形式でお届けしています。最新のスタッフ日記はこちらでご覧下さい: http://cinemajournal.seesaa.net/

ミッキーの時々・映画日記は >> こちら
一期一映 ~ ほりきみきの映画日記は >> こちら
ゆきえの”集まれシネフィル!”は >> こちら




●福岡、大分、関門海峡へ(白)
(2024-05-13 20:24)
●47年ぶりに沖縄に行きました(暁)
(2024-05-12 20:33)
●佐喜眞美術館に行きたくて沖縄へ(暁)
(2024-05-12 18:16)
●シネジャ107号が出来上がりました! (咲)
(2024-05-05 20:27)



●「DVTプラットフォーム」って何?(白)
(2024-04-21 13:23)
●遅い桜も満開(白)
(2024-04-07 17:38)



●アニメーションの映画祭二つ(白)
(2024-03-24 10:33)
●イスラーム映画祭9と、イランのお正月で大忙し♪(咲)
(2024-03-17 21:23)
●大阪アジアン映画祭 たっぷり町歩きも楽しみました (咲)
(2024-03-09 17:06)
●小池邦夫を偲ぶ会
(2024-03-03 13:47)
●はらだだけひでさん「「子どもの十字軍」版画+聖ピロスマニ展」
(2024-03-01 14:22)



●方向音痴で(白)
(2024-02-19 22:17)
●映画は観れなかったけれど・・・ (咲)
(2024-02-18 20:50)
●3月はアニメーション映画祭が2つ!!(白)
(2024-02-14 10:56)
●パレスチナを舞台にした『ピンク・スバル』の監督たちとアラブ料理を楽しみました (咲)
(2024-02-04 15:40)
●オーストラリア先住民映画祭
(2024-02-03 23:05)



●『フィリピンパブ嬢の社会学』と『瞼の転校生』取材(白)
(2024-01-28 21:06)
●角野栄子さんの舞台挨拶と魔法の文学館(白)
(2024-01-21 21:37)
●リム・カーワイ監督のバルカン半島映画3作目公開を前に2作品を観ました (咲)
(2024-01-20 15:48)
●元旦、トルコの監督さんから地震見舞いをいただきました (咲)
(2024-01-06 00:45)



本誌「シネマジャーナル」及びバックナンバーの問い合わせ:
order@cinemajournal.net
このHPに関するご意見など: info@cinemajournal.net
このサイトの画像・記事等の無断転載・無断使用はご遠慮下さい。
掲載画像・元写真の使用を希望される場合はご連絡下さい。