女が作る映画誌 ー 女性映画・監督の紹介とアジア映画の情報がいっぱい
 (1987年8月、創刊号 巻頭文より) 夢みる頃をすぎても、まだ映画を卒業できない私たち。
 卒業どころか、30代、40代になっても映画に心が踊ります。だから言いたいことの言える本まで作ってしまいました。
 普通の女たちの声がたくさん。これからも地道な活動を続けていきたいと思っています。どうぞよろしく。
シネマジャーナル サイト内検索
カスタム検索

本誌情報

最新号(105号)はこんな内容です
最新号・おもて表紙:

上左:
東京国際映画祭
イザベル・ユペール審査委員長

上右:
メイド・イン・バングラデシュ
(C)2019 - LES FILMS DE L'APRES MIDI - KHONA TALKIES - BEOFILM - MIDAS FILMES

下左:
マイスモールランド
(C)2022「マイスモールランド」製作委員会

下右:
TIFF Amazon Prime Video テイクワン審査委員特別賞
橋の下で瑚海(さんぐーみ)みどり監督 撮影:宮崎暁美


最新号(105号)はこんな内容です
最新号・うら表紙:

映画はアリスから始まった
★2022年7月22日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
(C) 2018 Be Natural LLC All Rights Reserved

ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~
★2022年3月25日(金)より全国順次公開
(C)2022「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~」製作委員会

購読申込方法について
購読申込はこちら
取扱店
東方書店
内山書店
タナカホンヤ(池之端)
模索舎(新宿)
気流舎(下北沢)
エトセトラブックスBOOKSHOP(世田谷区代田)
ウニタ書店(名古屋)
ロジウラのマタハリ ―春光乍洩(名古屋)
フェアトレードと発酵食品のお店 みーむ(古河市)
ANTENNA BOOKS & CAFE ココシバ(川口市)
and books(玉野市)
販売協力映画館
ヒューマントラストシネマ有楽町
下高井戸シネマ
キネカ大森
新宿武蔵野館
池袋・新文芸坐
上野オークラ劇場(93号のみ)
横浜・シネマ ジャック&ベティ
横浜シネマリン
名古屋シネマスコーレ
名古屋・名演小劇場
古河・古河シネマ上映会 上映会場
大阪・第七藝術劇場
大阪・プラネット・プラス・ワン
神戸・元町映画館
公共機関等で読める場所
東京国立近代美術館 フィルムセンター図書室
早稲田大学演劇博物館図書室
武蔵大学図書館
国立女性教育会館
東京ウイメンズプラザ
千代田区男女共同参画センター
公益財団法人川喜多記念映画文化財団
渋谷区男女平等・ダイバーシティセンター
COMMON EBISU(恵比寿)
目黒区男女平等・共同参画センター
調布市中央図書館・映画資料室
スクエア21・女性センター(府中市)
立川市女性総合センター アイム
神奈川県立図書館
かながわ男女共同参画センター
男女共同参画センター横浜(フォーラム)
男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野)
男女共同参画センター横浜南
横浜市中央図書館
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
アピオあおもり 男女共同参画センター
静岡県男女共同参画センターあざれあ
名古屋市女性情報センター
ウィルあいち愛知県女性総合センター
滋賀県男女共同参画センター
京都市男女共同参画センター(ウイングス京都)(~100号)
大阪府男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
クレオ大阪中央 大阪市立男女共同参画センター中央館
大阪府立中央図書館(~100号)
とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ
宝塚市立男女共同参画センター
広島県尾道市・れいこう堂
福岡県久留米市男女平等推進センター
佐賀県立男女共同参画センター(アパンセ)
鹿児島ガーデンズシネマ
沖縄県宮古島のブックカフェ「ブレス」
新潟県佐渡島のシネマカフェ「ガシマシネマ」
宮城県仙台市のシネマカフェ「右岸の羊座」
山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー
シカゴ大学図書館(Univ. of Chicago Library)

最新記事

『映画 妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―』豊島圭介監督インタビュー

『ポーランドへ行った子どもたち』チュ・サンミ監督インタビュー

©2016. The Children Gone To Poland.

映画『人生ドライブ』城戸涼子監督インタビュー

『教育と愛国』⻫加 尚代監督インタビュー

『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~』 信友直子監督インタビュー

『ワイキキ・ブラザース』韓国公開から21年  JAIHO配信にあたり、イム・スルレ監督に思いを聞く

『中村屋酒店の兄弟』白磯大知監督インタビュー

『虹が落ちる前に』主演 守山龍之介さんインタビュー

『King & Queen』 駒谷揚監督インタビュー

自粛期間中、暇だったので48時間で短編を撮る企画に乗ったガチのファミリームービーが国際映画祭で受賞!(写真提供:駒谷揚監督)

『中村屋酒店の兄弟』藤原季節さん、長尾卓磨さんインタビュー

お知らせ

シネスイッチ銀座で、シネマジャーナル105号販売 (2022.4.30)

シネスイッチ銀座で、『英雄の証明』『ベルイマン島にて』『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~』『母へ捧げる僕たちのアリア』(6/24~)上映期間中、シネマジャーナル105号を販売しています。

どうぞよろしくお願いします。

「シネマジャーナル Annually Vol.5」(通算105号)が発行されました (2022.4.28)

通算105号となる「シネマジャーナル Annually Vol.5」(Annually:年1回の意味)が出来上がりました。

ご注文も受け付けております。
★Webサイトからどうぞ!
http://www.cinemajournal.net/cj/order.html
★メールでも受け付けています。
order@cinemajournal.net

1冊 900円(税込み)+ 郵送料 です。
どうぞよろしくお願いします。

泉悦子監督作品の上映情報 (2019.11.3)

泉悦子監督の映画『みんな生きている~飼い主のいない猫と暮らして~』の上映情報を更新しました。 詳しくは右コラムをご覧ください。

予告編(YouTube)

facebook ページもあります☆
https://www.facebook.com/minaikicats

泉悦子監督の映画『ニューヨークで暮らしています彼女たちがここ にいる理由』の上映情報を追加しました。 詳しくは右コラムをご覧ください。

公式ブログ

イスラーム映画祭公式ガイドブック、『映画で旅するイスラーム』に景山咲子が執筆協力  (2018.3.19)

この度、イスラーム映画祭公式ガイドブックとして、『映画で旅するイスラーム』が論創社より刊行されました。税込1728円。
シネジャスタッフの景山咲子が、映画16本の紹介と、コラム「イスラームと共に伝播したアラビア文字・学問」を執筆しています。
下記サイトで購入できるほか、全国の書店で発売中です。
図書館へのリクエストも歓迎です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4846016927

3つの新しいブログを立ち上げました。(2018.3.4)
【おすすめ映画&イベント情報】【映画祭報告】【インタビュー&記者会見報告】

この度、Web版シネマジャーナル充実の一環として、3つのブログを新設しました。
さらにタイムリーな記事をお届けしていきたいと思います。
ご愛読いただければ幸いです。

◆おすすめ映画&イベント情報
http://cineja4bestfilm.seesaa.net/
これまで本誌で発表していた年間ベストテンをはじめ、おすすめ映画や、上映会など映画関連のイベント情報を掲載します。

◆映画祭報告
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/
映画祭報告記事をお届けします。
年間の映画祭スケジュールもこちらに掲載しています。

◆インタビュー&記者会見報告
http://cineja-film-report.seesaa.net/
インタビューや記者会見・舞台挨拶報告などをお届けします。
これまでと同様、特別記事のコーナーにリストを掲載します。

シネマジャーナルは、100号で年3回の定期発行を卒業します!
~Web版を充実させ、本誌は年1回発行に~(2017.3.5)

年1回発行に

 いつもシネマジャーナルをご愛読いただきまして、ほんとうにありがとうございます。
 さて、1987年8月に創刊した当誌は、今年30周年を迎え、2017年6月に発行する号で 100号となります。これを機に、年3回の発行を年1回にし、 今後はWeb版シネマジャーナル(http://www.cinemajournal.net/)さらに充実させていくことにしました。

 同じマンションに住む映画が好きな主婦仲間の手作り同人誌から生まれたシネマジャーナル。 創刊号には、「夢みる頃をすぎても、まだ映画を卒業できない私たち。卒業どころか、30代、 40代、50代になっても映画に心が踊ります」と書かれていますが、 その後参加したメンバーも含めて、大半が50代もとっくに過ぎてしまいました。 もちろん、今でも映画に心踊らせる日々には変わりありません。

 創刊した頃には、インターネットという便利なツールが出来て、 世界の情報が瞬時に手に入る時代が来るとは想像もできませんでした。 今後は、本誌に掲載するために温存していたインタビュー記事なども、 タイムリーにお届けするようにいたします。 編集方針は創刊以来の精神を踏襲して、女性が携わる映画を中心に、 他ではなかなか扱わないような単館で封切られる映画を紹介するのも、従来通りです。

 なお、年1回発行の名称は、「シネマジャーナル annually」とし、 毎年4月に発行予定です。(annually: 年刊、年1回の意味)  1年間のまとめとして、前年度に公開されました作品や、国内の主要映画祭での上映作品を紹介いたします。
 「シネマジャーナル annually」は、2018年4月に第1回目の発行を予定しています。
 購読料は800円(税込 送料別)となります。
 引き続きご愛読いただければ幸いです。

シネマジャーナル 一同

バックナンバーを値下げしています(2014.4.15)

バックナンバーが以下のように一部値下げしております。どうぞお求めください。

v
50号まで --> 300円
51号〜60号まで 800円 --> 500円
61号〜80号まで 800円 --> 700円
81号〜 800円
※別途郵送料をいただきます。
※詳しくは >> こちら

更新記録

6/27
特別記事 『映画 妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―』豊島圭介監督インタビュー を掲載しました。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (7月1日劇場公開) [ブラック・フォン] [マーベラス]
6/26
【おすすめ映画&イベント情報】に「TUFS cinema ヨルダン映画『ディーブ THEEB』上映会 (7/4)」、 「TUFS cinema マレーシアドキュメンタリー映画上映会『斧は忘れても、 木は覚えている』(7/9)」を追加しています。
【映画祭報告】に「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022」情報、 「第20回 EUフィルムデーズ2022」レポートへのリンクを追加しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (6月24日劇場公開) [愛に奉仕せよ] (7月1日劇場公開) [哭悲/SADNESS] [リコリス・ピザ] [わたしは最悪。] [映画 ゆるキャン△] [モガディシュ 脱出までの14日間] (7月2日劇場公開) [マルケータ・ラザロヴァー] [シネマスコーレを解剖する。~コロナなんかぶっ飛ばせ~] [ガザ 素顔の日常] [パレスチナのピアニスト]
ミッキーの毎日・映画三昧に以下の作品紹介が追加されています: (6月24日劇場公開) [彼女たちの革命前夜] (7月8日劇場公開) [破戒] [X エックス]
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (7月1日劇場公開) [わたしは最悪。] (7月2日劇場公開) [ガザ 素顔の日常] [パレスチナのピアニスト] [マルケータ・ラザロヴァー]
シネマジャーナル30号の目次ページの情報を増やし、いくつかの記事を追加公開しました。
6/19
【おすすめ映画&イベント情報】に「特集上映「ヴェルナー・ヘルツォーク・レトロスペクティブー極地への旅」@岩波ホール」、 「横浜キネマ倶楽部 石原裕次郎 没後35年上映会『赤いハンカチ』(7月23日)」を追加しています。
【映画祭報告】に「第30回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」情報へのリンクを追加しています。 また、映画祭カレンダー2022を更新しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (6月17日劇場公開) [鬼が笑う] (6月24日劇場公開) [神は見返りを求める] [パリ・オペラ座バレエ・シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」] [ザ・ロストシティ] [母へ捧げる僕たちのアリア] [彼女たちの革命前夜] [ルッツ 海に生きる] [ホン・サンス監督2作品同時公開] [イントロダクション] [あなたの顔の前に] (6月25日劇場公開) [ヘイ!ティーチャーズ!] [どうしようもない僕のちっぽけな世界は、] [アトランティス] [リフレクション]
ミッキーの毎日・映画三昧に以下の作品紹介が追加されています: (6月17日劇場公開) [炎の少女チャーリー] (6月24日劇場公開) [東京2020オリンピック SIDE:B]
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月24日劇場公開) [パリ・オペラ座バレエ・シネマ・ジェローム・ロビンズ・トリビュート] [母に捧げる僕たちのアリア] [彼女たちの革命前夜]
6/12
【映画祭報告】映画祭カレンダー2022を更新しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (6月10日劇場公開) [わたし達はおとな] (6月17日劇場公開) [三姉妹] [恋は光] [メタモルフォーゼの縁側] [峠 最後のサムライ] [PLAN 75] [君たちはまだ長いトンネルの中] [ポーランドへ行った子どもたち] [エリザベス 女王陛下の微笑み] (6月18日劇場公開) [百年と希望] [マタインディオス、聖なる村]
ミッキーの毎日・映画三昧に以下の作品紹介が追加されています: (6月10日劇場公開) [わたし達はおとな] [BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL] (6月17日劇場公開) [三姉妹] [PLAN 75] (6月24日劇場公開) [ルッツ 海に生きる]
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月17日劇場公開) [エリザベス 女王陛下の微笑み] [恋は光] [プラン75]
6/11
【おすすめ映画&イベント情報】「『福岡市総合図書館所蔵作品アジア映画セレクション』@アテネ・フランセ6/27~7/2」を追加しています。
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月10日劇場公開) [ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行]
6/10
特別記事 『ポーランドへ行った子どもたち』チュ・サンミ監督インタビュー を掲載しました。
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月10日劇場公開) [義足のボクサー GENSAN PUNCH] [さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について]
6/8
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月10日劇場公開) [アライブフーン]
6/5
【映画祭報告】に「わっかない白夜映画祭  ~日本最北端・稚内での映画祭~」情報へのリンクを追加しています。 また、映画祭カレンダー2022を更新しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (6月3日劇場公開) [極主夫道 ザ・シネマ] [オフィサー・アンド・スパイ] (6月10日劇場公開) [ストーリー・オブ・フィルム 111 の映画旅行] [はい、泳げません] [ALIVEHOON アライブフーン] [ロイヤル・オペラ『椿姫』] [クラウディ・マウンテン] [ぼくの歌が聴こえたら] [さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について] [FLEE フリー] (6月11日劇場公開) [スープとイデオロギー]
ミッキーの毎日・映画三昧に以下の作品紹介が追加されています: (6月3日劇場公開) [オフィサー・アンド・スパイ] [冬薔薇] (6月10日劇場公開) [はい、泳げません] (6月17日劇場公開) [鬼が笑う] [エリザベス 女王陛下の微笑み]
5/31
取扱店に「エトセトラブックスBOOKSHOP」(世田谷区代田)を追加しました。
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月3日劇場公開) [シェイン 世界が愛する厄介者のうた] [極主夫道 ザ・シネマ]
5/29
【おすすめ映画&イベント情報】「《ウクライナの大地から》 @渋谷・シネマヴェーラ 6/4~7/12」紹介記事へのリンクを追加しています。
【映画祭報告】に「第20回 EUフィルムデーズ2022」情報へのリンクを追加しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (5月21日劇場公開) [私のはなし 部落のはなし] (6月3日劇場公開) [太陽とボレロ] [頭痛が痛い] [冬薔薇] (6月4日劇場公開) [ニューオーダー] [歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡]
ミッキーの毎日・映画三昧に以下の作品紹介が追加されています: (5月27日劇場公開) [帰らない日曜日] [瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと] (6月3日劇場公開) [東京2020オリンピック SIDE:A] (6月10日劇場公開) [FLEE フリー]
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (6月3日劇場公開) [オフィサー・アンド・スパイ] [君を想い、バスに乗る] (6月4日劇場公開) [ニューオーダー]
5/28
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (5月27日劇場公開) [エコー・イン・ザ・キャニオン] (5月28日劇場公開) [おれらの多度祭]
5/22
【映画祭報告】に「花開くコリア・アニメーション2022+アジア」レポート、 「イタリア映画祭2022」レポートへのリンクを追加しています。 また、映画祭カレンダー2022を更新しています。
映画作品紹介ブログ2に以下の作品紹介が追加されています: (5月27日劇場公開) [瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと] [ウォーハント 魔界戦線] [20歳(はたち)のソウル] [狼たちの墓標] (5月28日劇場公開) [犬王] [ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇] [私だけ聴こえる]
ゆきえの”集まれシネフィル!”に以下の作品紹介が追加されています: (5月27日劇場公開) [帰らない日曜日] [エコー・イン・ザ・キャニオン] (5月28日劇場公開) [ゴ-スト・フリート 知られざるシーフード産業の闇]
5/17
特別記事 映画『人生ドライブ』城戸涼子監督インタビュー を掲載しました。

>> これまでの更新記録

シネジャ・ブログ

Staff's Cinema

シネジャスタッフ泉悦子監督
プレスリリース(最新版に差し替えました)
みんな生きている~飼い主のいない猫と暮らして~』(ドキュメンタリー 91分)
みんな生きている
劇場公開
7月26日(土)よりポレポレ東中野 終了
順次全国公開

2019年11月12日(火)AM10:00~上映 横浜市保土ヶ谷区ほどがや市民活動 センターアワーズ 無料

公式サイト / 予告編(YouTube) / facebook

DVD絶賛発売中!
お申込み
03-59991-3486
e-izumi@tessplanning.com
詳細は作品HPへ

(作品紹介)
飼い主のいない猫4匹とくらす私。猫が教えてくれたことや、不幸な子猫を増や さない地域猫ボランティア、殺処分ゼロを目指し奮闘する若い獣医たち、海外の 猫シェルターなど紹介し、命の重さを考える。


2008年山路ふみ子映画賞福祉賞受賞
[公式サイト] [ブログ]
DVD絶賛好評発売中!
個人用¥3800
図書館等団体用¥25000
(団体用は上映権付き)
日本語版、英字幕版、予告編収録
特典 解説冊子封入

DVDが Amazon.co.jp図書館流通センター(ライブラリー用) でもご購入できるようになりました。




2019シニア女性映画祭開催(大阪)
12月1日(日)10:00~泉監督の『ニューヨークで暮らしています彼女たちがここ にいる理由』上映、上映後監督トークあり
会場:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷホール


WEB版「シネマジャーナル」 2001年2月開設 毎週日曜日更新
本誌「シネマジャーナル」及びバックナンバーの問い合わせ: order@cinemajournal.net
このHPに関するご意見など: info@cinemajournal.net
このサイトの画像・記事等の無断転載・無断使用はご遠慮下さい。
掲載画像・元写真の使用を希望される場合はご連絡下さい。